魚の美味しい話

魚の美味しい話をコラムとして綴っています。 
以前のコラム : 「魚と健康の話」 は こちらです。

魚の美味しい話 2015年1月号 ブリ篇

山田美佳

魚の美味しい話 2015年1月号 ブリ篇

あけましておめでとうございます。
坂田水産の山田です。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様はどんなお正月を過ごされましたか?
熊本は珍しく雪が舞うお正月となりました。

私は自宅で箱根駅伝を観戦しながら
のんびりと過ごしました^^


さて、今回は冬が旬の魚をご紹介します!

<旬の美味しい話>


今回は冬の魚、ブリをご紹介します。
お正月にブリを食べた方も多いのではないでしょうか?
ブリは12月~2月が旬と言われています。

また、ブリは出世魚で
モジャコ→ワカシ→イナダ(フクラギ)→ワラサ(ハマチ)→ブリ
と名前を変えます。

包丁や指がテカテカ光るほどこってりと脂の乗ったブリは
食べ応えがありますね!

不飽和脂肪酸のEPAやDHAを多く含み、
高血圧の抑制や動脈硬化の予防、脳の働きを助ける効果が
あるとされています。

また、ブリは疲労回復に効果があるビタミンB1や
カルシウムの吸収を助けるビタミンDも多く含みます。

ブリの栄養成分(100g当たり)



<食べて美味しい話>

ブリの照り焼き~柚子風味~のレシピ

旬の魚を食べて、 寒さに負けない身体を作りましょう!


参考文献
五訂増補日本食品標準成分表(本表)

魚の美味しい話 2014年10月号 サンマ篇

山田美佳

魚の美味しい話 2014年10月号 サンマ篇

こんにちは。
坂田水産の山田です。

朝夕肌寒くなってきましたね。
最近はカーディガンを羽織って通勤しています。

熊本は日が暮れる時間もどんどん早くなって、
秋が深まってきていることを感じています。


今回は、そんな秋が旬の魚をご紹介します!

<旬の美味しい話>


秋の魚といえば・・・サンマ!
スーパーの鮮魚コーナーにサンマが並んでいると、
「秋が来たなぁ~!」とワクワクしてしまいます。

そんなサンマ、漢字では「秋刀魚」と表記されるように、
刀のように体が細長く銀色に輝く体が特徴的です。

◎美味しいサンマの見分け方
脂の乗った美味しいサンマの見分け方は、とても簡単です!

 ・目が透明で澄んでいるもの
 ・頭から背中が盛り上がっているもの
 ・口先が黄色いもの

これで鮮度のよい脂の乗った美味しいサンマが味わえますね・・・!

サンマの旬は8月~11月といわれています。
また、 不飽和脂肪酸のEPAやDHAも
多く含んでいるのが特徴です。

EPAは血液をサラサラにする働きがあり、
高血圧の抑制や動脈硬化の予防に効果があるとされています。

また、DHAは脳の働きを助ける効果があり、
脳神経機能(記憶・学習能)の維持や向上、血中脂質低下などに
効果があるとされています。

サンマの栄養成分(100g当たり)

<食べて美味しい話>

サンマの生姜煮のレシピ

食欲の秋!
美味しい魚を食べて秋を満喫しましょう♪



参考文献
五訂増補日本食品標準成分表(本表)

魚の美味しい話 2014年8月号 スズキ篇

山田美佳

魚の美味しい話 2014年8月号 スズキ篇

こんにちは
蒸し暑い日が続きますね。

私は自転車で通勤しているのですが、
すれ違う小学生の子供達が小麦色に日焼けしている様子を見て、
プールに蝉取りに、と走り回っていた幼い頃を
懐かしく思い出しました。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今回より「魚の美味しい話」と題しまして、
今年度、坂田水産に入社しました私、山田が
旬のお魚をご紹介していきます。

どうぞよろしくお願いいたします。


<旬の美味しい話>

今回は「夏を代表する白身魚」と言われている魚のスズキを
ご紹介します。

スズキは、成長によってセイゴ→フッコ→スズキと
名前が変わる出世魚です。
身は鯛に似ており、あっさりとした味がします。

脂の乗って美味しい時期は夏と言われています!
白身魚の特徴である高たんぱく・低脂肪で
ビタミンAや、皮にはビタミンDを多く含んでいます。

ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保つ働きや、暗い場所で視力を保つ機能に
関わるビタミンです。
免疫機能を高める働きもあるので、夏バテしやすいこの季節にピッタリです!
また、ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きがあるため、
骨粗鬆症の予防に重要なビタミンです。

スズキの栄養成分(100g当たり)

<食べて美味しい話>

スズキのムニエルトマトソース添えのレシピ

魚を美味しく食べて、
夏の暑さに負けない体を作りましょう!



参考文献
五訂増補日本食品標準成分表(本表)