みやび鯛とは

みやび鯛のふるさと「御所浦」

「みやび鯛」ブランド、5つのお約束。

「みやび鯛」ブランドを名乗るには、5つの基準があります。

①タイの放養密度(イケスに入れるタイの数)を標準以下にし、ストレスの少ない健康に育つ生育環境を保つ。
②稚魚の時期を、生育に適した、日本各地の坂田水産・指定漁場で育つ。
③エサは、飼料メーカーと共同開発した、オリジナル飼料を与える。
④投薬はほとんど行わず(熊本県の検査も全てクリア)、安全性の高い環境とする。
⑤出荷時、1匹1匹の色、形、大きさをチェックし、素早く出荷する。

以上の基準で育てられ、選ばれたものだけを、「みやび鯛」として皆様のもとにお届けします。
安全性、育つ環境、飼料、出荷にこだわった結果が、「みやび鯛」の美味しさを支えています。 


 

「みやび鯛」の美味しさは、エサに秘密があります。

各種鯛の餌写真

よくお客様から、
「みやび鯛は、臭みがない」 「甘みが、他のタイとまるで違う」
といったお声を頂きます。
タイは、食べたものがそのまま身になる生き物。
ですので、何を食べさせるか、どれくらいの量を与えるか。
養殖業者としての生命線ともいえます。

「みやび鯛」のエサは、既製品ではなく、
飼料メーカーさんと、10数年の歳月をかけて共同開発した、
完全オリジナルの飼料を、稚魚の時期から与えています。
その成分は企業秘密になりますが、
「みやび鯛」の旨味、甘み、そして色合いの美しさは、
すべて、そのオリジナルのエサを与えているから。
もちろんコストはかかりますが、
年間を通して、「みやび鯛」の品質を安定させ、
美味しく召し上がっていただくためです。
手間とコストは惜しみません。

|